【FD】シラバスの「在るべき姿」を考える−Part2−

 2011年度FD支援プログラム 指定プロジェクトでは、「シラバスの実質化−利用価値向上と負担軽減の両立をめざして−」というテーマで活動を行っています。その活動における「(シラバスの)理想を知る」と「(シラバスの)活用を知る」のテーマについて、長らく大学教育改革に携わった経験を有する外部有識者を招いて研修会を実施することになりました。

 本研修会を通じて、「誰にとっても利用価値の高いシラバス」という目標に向け、プロジェクトの更なる推進を期待しています。

 つきましては、ご多用に折ではございますが、皆さまにご参加頂きたく、ご案内申し上げます。

テーマ
「シラバスの「在るべき姿」を考える−Part2−」

日時
2011年11月4日(金) 16:00〜17:30(予定)

場所
13号館1階会議室 

講師
安岡 高志 氏(立命館大学教育開発推進機構教授)
  「シラバスの「在るべき姿」について」

開催目的
シラバスの「理想」と「活用」を知る。

問合先
沖縄国際大学 教学課(玻名城、中山)
電話:098-893-7881(直通)
メール:aafchr@okiu.ac.jp

ページの先頭へ戻る