【FD】第3回新任教員研修会を開催しました。

 4月22日(金)、本学の専任教員となった6名の新任教員および2010年度後期採用の教員1名を対象に第3回新任教員研修会を実施しました。
 

 今回の研修では、新任教員に対して、学生支援(正課外活動、学生の福利厚生、奨学金制度、最近の学生気質、学生からよくある相談など)、キャリア支援(就職状況、本学学生の就職活動状況など)について説明されました。その要旨は次のとおりです。


【学生部長、学生課長、学生相談室長、キャリア支援課長による説明要旨】

(学生支援)
本学の学生支援は1)奨学金2)課外活動3)学生補助(福利厚生)等々、学生のキャンパスライフを支援すべく、年々充実されてきています。その制度を活用するためには、学生部と教員が情報を共有し合い、学生をサポートするための対応が従前以上に求められています。 
 

(キャリア支援)
キャリア=就職という意識だけではなく、人生設計というキャリア観が重要になってきています。大学で学ぶ意味、大学で学んだことを将来に繋げる意識を学生に持たせることが求められています。そのためには、ゼミなどを通じて、日々の対話の中から、将来設計のフォローをその都度行って行く必要があります。
 

(学生相談体制)
学生相談に関する大学としての共通理解や制度は整っています(アカデミックアドバイザー制度、オフィスアワーなど)
今後は、深刻になる前に食い止める方策・体制を更に意識する必要があります。

なお、第3回新任教員研修会は、次のとおり開催されました。

1)挨拶・研修内容の説明
2)学内外の奨学金制度、本学における奨学金受給学生の実態と問題
3)本学における課外活動の状況、学生の福利厚生制度、体育会・文化会
4)学生相談体制について
5)本学の就職状況、就職支援活動等について
6)補足質疑

研修会終了後も、参加者間の本音を交えた懇談があり、非常に実りのある機会となりました。



 

2011年5月6日

教学課

 

ページの先頭へ戻る