【FD】第1回新任教員研修会を開催しました。

 4月1日の辞令交付式後、本学の専任教員となった6名の新任教員および2010年度後期採用の教員1名を対象に実施しました。

 富川学長は、新任教員に対して、本学の理念、教学・経営戦略、意思決定過程、教職協働をキーワードに、本学の置かれている状況、今後進むべき方向性について説明されました。その要旨は次のとおりです。
 

【本学の大学経営について】
近年の大学は厳しい状況に置かれており、その状況下で、本学は経営政策室で「IR活動」を実践し、本学における大学経営安定化の方策、今後の機能分化にどう対応していくかを常に追求している。
 

【丁寧な教育実践について】
大学教員の教育活動の重要性を挙げられ、研究に没頭するだけではなく、「丁寧な教育」の実践をしてほしい。
 

【学生中心主義】
「できるだけ大学で底上げをして、社会へ送り出すこと」、「入学してからの“のびしろ”を大きくする教育」について言及されました。
 

【ステークホルダーの存在を常に意識すること】
ステークホルダーの存在、その中でも「保護者」が大学に何を求めているのかを常に意識した教育研究活動を実践してほしい。
 

【3つのポリシー】
「人を育てる、沖縄の屋台骨を育てる心構えを持つこと」の重要性を挙げ、2010年度に、「建学の精神」、「理念」、「教育目標」をブレークダウンさせ、3つのポリシーを制定した。


なお、第1回研修会は、次のとおり開催されました。

1)挨拶・研修目的及び本日の研修内容の説明
2)本学の理念、教学・経営戦略
3)本学の沿革
4)事務組織体制
5)沖縄国際大学総合研究機構の概要について
6)学内外の研究費の概要、研究費の執行方法など
7)学年暦、Live Campusの活用法、カリキュラムの概要
8)質疑応答

 

新任教員を対象とした研修は、4月9日(第2回)、23日(第3回)にも実施されます。

 

2011年4月8日

教学課
 

ページの先頭へ戻る